年齢を重ねたり、生活習慣が悪化していることが原因で薄毛が進行している方は多くいます。現在大量の育毛剤が開発、発売されていますが本当に効果のある育毛剤はどれなのでしょうか?

髪を気にする男性と薬
  • ホーム
  • 最終手段!自毛植毛の手術でハゲとおさらば!

最終手段!自毛植毛の手術でハゲとおさらば!

薄毛が進んでしまうと普通の方法では改善が難しくなりますが、特別な方法を行えば対応できます。
自毛植毛は進行した薄毛に対して効果があるやり方で、髪の毛が薄い方でも十分な効果を得られます。

人間の髪の毛は全てが薄くなるわけではなく、頭髪が薄くなる所とそうでないところに分かれています。
頭髪が薄くなるのは頭頂部がなりやすく、額の付近の髪の毛も減ることが多いです。

それに対して後頭部や側頭部の髪の毛は減りづらく、場所によって量が違うのが普通です。
自毛植毛では髪の毛の生えている量の違いを使い、自分の髪の毛を使って薄毛を解消する方法です。

具体的なやり方としてはFUT法とFUE法があって、それぞれ手術のやり方が違います。
FUE法は以前から使われている手術のやり方で、自分の髪を根本からとって移植するやり方です。

髪の毛を一本一本吸い取るように取り出して、それを髪の毛が薄くなった場所に移します。
もう一つのFUT法はある程度の範囲の髪の毛を皮膚ごととって、それをまとめて移植するやり方です。

自毛植毛ではこの2つの治療法を選べますが、FUE法は傷跡が残りづらい特徴があります。
FUT法は皮膚をある程度切って行うため、手術をした後で傷が残りやすいです。

それぞれの治療法の費用はあまり違いありませんが、手間のかかるFUE法の方がやや高めです。
自毛植毛では一本あたりいくらという価格で支払いをするため、本数が多いほど費用がかかります。

広範囲の自毛植毛は数百万円かかることもあるので、利用する時はよく考えたほうがいいです。
また自毛植毛を受けると一時的に抜け毛が増える、ショックロスという症状が起こりやすいです。

ショックロスとは植毛の刺激で髪の毛が抜けることですが、しばらくするともとに戻ります。
もとに戻るための期間は一年ほどになりますけど、それまでは問題が起こるので注意もいります。

自毛植毛は色々なやり方がありますが、最近は良い方法も増えていてメリットが大きいです。

自毛植毛のメリットとデメリットとは?

自毛植毛をすれば進行した薄毛でも改善できますが、色々な特徴があるので理解がいります。
この方法のメリットとしてあるのは薄毛が進んでいても、元の状態に戻しやすい点です。

髪の毛が薄くなってしまうと頭皮の状態が悪化して、髪の毛がどうやっても生えなくなります。
自毛植毛はそのような難しい状態でも改善できるため、治しづらい薄毛に対して効果があります。

更に自分の髪の毛を使うので相性の問題が起こりづらく、副作用がない点も優れています。
自毛植毛のデメリットとしてあるのは手術を行うため、体に負担がかかることです。

一般的な薄毛対策は簡単な方法でできますが、自毛植毛は手術をしないとできません。
手術をする時は入院をする場合もありますし、手術後に頭皮の状態を確認する作業もいります。

自毛植毛のやり方によっては頭皮を傷つけるため、しばらく頭に傷跡が残ることもあります。
薄毛に対して効果のある自毛植毛は、手術をする負担がデメリットになります。

手術では麻酔によって気分が悪くなる事もあるので、体質によっては大きな負担になります。
植毛が終わるまでに時間がかかりやすいため、手術にかかる時間の長さも重要です。

自毛植毛は確実に薄毛を治せる良さがありますが、そのために負担の大きさも存在します。
そのようなメリットとデメリットを理解してから行う事が大事で、よく考えてから受けた方がいいです。

病院で受けられる自毛植毛は高額な費用がかかりやすく、手術が終わるまでにかかる時間も長めです。
その代わりに十分な効果を得られる方法なので、利用時は十分に情報を集めてから行うべきです。
薄毛に効果のある自毛植毛はメリットが大きいですが、問題点についても知っておく事が大事です。

関連記事